Shibuya, the city of fashion and music | Online Clothing in Japan

ファッションと音楽の街、渋谷 | 日本のオンライン衣料店 | トレンディージャパンドットネット

ファッションと音楽の街、渋谷 | 日本のオンラインファッションショップ トレンディージャパンドットネット


 ファッションと音楽の街、渋谷 | 日本のオンラインファッションショップ トレンディージャパンドットネット



関連ブログとコレクション:

日本のストリートファッションの歴史と未来| トレンディジャパン

 

ユニクロとジーユーの違い| トレンディジャパン

  

 検索: "渋谷" で 22 件の結果が見つかりました – TrendyJapan


 「渋谷」と聞いてどう思いますか「若者」「ネオン」「スクランブル交差点の人の流れ」など色々と思い浮かびます。東京で生まれ育った私たちにとっては、まず「ハチの像の前で友達が集まる事」を思いつき、それぞれの目的地で買い物をしたり音楽を楽しんだりしていました。確かに渋谷には、音楽とともにファッション文化が根付いた「聖地」と呼ばれる理由があります。渋谷の魅力を時系列でご紹介します。

 

1925-1939: 東京の人々のトレンドが上野/浅草から渋谷に移り始めた時期。この時から、東急グループは渋谷を開発し、現在の東急百貨店の原点をオープンしました。その開発はこれまでの傾向を変えました。ちなみに、ハチ公の像が建てられたのはこの頃でした* 作られた。

 

※余談:忠犬「ハチ公」について

1925年、東京大学教授で「ハチ公」の飼い主である上野氏が職場で急死した。飼い主が渋谷駅に戻るのを待ち続けていた「ハチ公」の姿に感動する人も多かった。像はこれらの多くのファン方々の協力を得て1934年に建てられました。残念ながら、1935年にハチ公は最愛の飼い主に再び会うために別の世界に旅立ちました。 「ハチ」は死ぬまで渋谷駅前に飼い主が帰ってくるのを10年間待ち続けていた。

Hachi

1940-1950: 東急グループは、第二次世界大戦で焼け野原となった渋谷駅周辺を急速に再建しました。

米国アマゾンバナー広告

1950年代: 東急グループは、子供向けのプラネタリウムやケーブルカーを建設することで渋谷をさらに発展させ、渋谷駅周辺を「子供たちが楽しめる大きな施設」にしました。この頃から「東急の町渋谷」として知られるようになりました。


1960年代: 「眠らない渋谷」の理由のひとつは、1964年の東京オリンピックでの大規模な開発でした。在日米軍の施設があった広大な土地が日本に返還され、国立放送センターとオリンピック村(現在の代々木公園)が建設されました。 1960年代後半、ついに渋谷の町に西武百貨店がオープンしました。


1970年代初頭: 1970年代以降、日本で多くのトレンドを生み出してきたセゾングループが渋谷で本格的な展開を始めました。セゾングループの本店である西武百貨店は1960年代後半にオープンし、渋谷パルコは1973年にオープンしました。その後、セゾングループが「ロフト」をオープンし、東急グループが「東急ハンズ」と「渋谷109」をオープンした年から、セゾングループと東急グループの開発競争が本格化しています。

109

1970年代半ばから後半: 70年代初頭にセゾングループが渋谷に本格的に参入したことで、日本の若者のファッションソースは「新宿」から「渋谷」に変わり、多文化で自由な発想でファッションを楽しむ若者がたくさん集まりました。 このような流れの中で、セゾングループは新進気鋭の日本人デザイナーを発掘し、DC(Designers&Characters)ブランドや「マンションメーカー」のような大きな現象を生み出しました。



「マンションメーカー」と呼ばれるデザイナー達

コム・デ・ギャルソン(デザイナー:川久保玲)、Y's(デザイナー:山本耀司)、Isse Miyake(デザイナー:三宅一生)、BIGI(デザイナー:菊池武雄)他

Parco

1980年代初頭: この時、「マンションメーカー」の人気が本格化し、日本のファッションの主流となりました。勢いを増したセゾングループは、ライフスタイル全般を提案するコンセプトストア「渋谷パルコパート3」「スペースパート3」を次々とオープンし、多くの若者の心をつかみました。

アマゾンジャパンバナー広告

1980年代半ば: バブルがピークを迎えた頃、「パルコ」や「マルイ」などのファッションビルの人気が頂点に達し、バーゲンセールが始まると長蛇の列ができました。


1980年代後半: お待たせいたしました。 「渋カジ」の起源と言えば渋谷にあります。 「渋カジ」の歴史はこの時代から始まります。 「渋カジ」は、渋谷の街で生まれたアメリカンカジュアルスタイルを取り入れたファッションです。


特定の「渋カジ」アイテム

アディダススーパースター、MA-1、エンジニアブーツ、ケミカルウォッシュジーンズなど。

さらに、この時期に「ビームス」や「シップス」などの厳選されたショップや多くの輸入店が渋谷にオープンし、「渋カジ」はかなり洗練されたものになりました。女性の間では、「バナナリパブリック」(通称バナリパ)が提唱する「サファリファッション」が人気を博しました。


洗練後の「渋カジ」アイテム

フレッドペリーのポロシャツ、ヘインズTシャツとパーカー、リーバイスの501、ペインターパンツ、ニューバランススニーカー、ネイティブインディアンモカシン、ワークブーツ、ルイヴィトンバッグ、アウトドアバッグ。等。

当時、クラブなどはまだ「港区」に集中していました。 1990年代から状況は少し変わって行きました。

トレンディージャパンドットネットバナー広告

Shibuya, the city of fashion and music | Online Clothing in Japan

1990-1992: 第二期「渋カジ」が誕生しました。この時期に生まれたスタイルは「キレカジ」と「ハードアメリカンカジュアル」の2つ。これが具体的な例です。


キレカジについて ラルフローレンのアイテムを身に着けているのがステータスでした。

特定のアイテム:ネイビーブルーのブレザー、タータンチェックのボトムス、ブラックのウォッチショルダーバッグ、ボタンダウンシャツなど。

この頃、東京都23区の私立中学校・高校では、生徒を引き付けるために制服を「キレカジ」にリニューアルされ始めました。


ハードアメリカンカジュアルについて ベルボトム・ブーツカットジーンズ、ネイティブ・アメリカンのジュエリー、カウチンのセーターなどを着るスタイルで、この頃からメンズのロングヘアスタイルが人気を博し始めたばかりです。


その後、ハードなアメリカンカジュアルファッションがスケーターファッションになり、革靴からVANSスニーカーに変わりました。このような「渋カジ」の急速な発展は、この時点でさらに道を変えました。

アマゾンジャパンバナー広告

1993-1995: 日本のバブル経済の崩壊と「渋谷系」の終焉とともに、ファッショナブルで都会的な音を奏でる「渋谷系サウンド」という新しいジャンル音楽文化が生まれました。それに伴い、ファッショントレンドはアメリカンカジュアルからフレンチカジュアルへと変化し始めました。渋谷の町では、HMVやタワーレコードなどの大型店やマニアックなレコード店が次々と拡大し、多くの音楽愛好家が集まりました。当時人気のあった「渋谷系の音」とは?


渋谷系サウンドについて
1980年代から日本ではバンドブームが続いていました。しかし、1990年代には、「完全な音楽原理」を提唱することで生み出されたジャンルの音楽であり、世界中のさまざまなジャンルに影響を受け、人気を博しました。

影響を受ける主なジャンル
ハウス、ヒップホップ、ソウルミュージック、ラウンジミュージック

渋谷系サウンドの代表ミュージシャン
フリッパーズ・ギター、ピチカート・ファイブ、オリジナル・ラブ、カジヒデキなど。


渋谷系にハマった若者たちは、渋谷系ミュージシャンのファッションスタイルを真似て、「agnès b.」や「A.P.C」などのフレンチカジュアル系の服を着ていました。こちらがフレンチカジュアルファッションアイテムとなります。


特定のフレンチカジュアルファッションアイテム
アニエスベーカーディガン、アニエスベーボーダーシャツ、A.P.C。ジーンズ、ベレー帽など。


この頃から渋谷の町で人気だった「ライブハウス」のピークとなり、1995年後半から徐々にその傾向は変化して行きます。

米国アマゾンバナー広告

1995年後半から2000年初頭: この時期、日本生まれのアジアの歌姫、安室奈美恵の人気が高まり、ファッションはフレンチカジュアルから「ギャル」ファッションへと変化しました。安室奈美恵を「音楽とファッションの神様」として崇拝した若い女性たちは、どのようなファッションアイテムを楽しんだのでしょうか?


特定のギャルファッションアイテム
茶髪、日焼けした肌、ミニスカート*、ルーズソックス、厚底靴、厚底サンダルなど。

*バーバリーはミニスカートで特に人気があったことを覚えています。


 また、この時代の「ギャル」ファッションは「アムラー」ファッションと呼ばれています。当時安室奈美恵が所属していたレコード会社「エイベックス」が勢いを増し、TRFなど本格的なダンスができるミュージシャンに人気を博したのもこの時期でした。このレコード会社に所属するミュージシャンは、この時から「日本のファッションリーダー」として渋谷の若者たちに影響を与えていきました。


2000年初頭から2010年代半ばまで: その後、渋谷の町の発展が進み、IT企業の事務所が次々と渋谷に移転しました。それに伴い、「ギャル」のファッションはさらに過激になり、肌の色は「小麦」から「ガングロ」に焼き上げられ、装飾品はPOPカラーアイテム等を身に着けました。彼らの髪の色も「茶色」から銀のような「きらびやかな色」に変わって行きました。過激なファッションは男性にも影響を与え、「ギャル男」スタイルが出現し、女性と同じくらい肌を焼いた。ここでは、ファッションがどのように変化したかを知るためのアイテムをいくつか紹介します。


特定のギャルファッションアイテム
きらびやかな色の髪、非常に日焼けした肌、ミニスカート*、スーパールーズソックス、厚底ブーツ、厚底サンダルなど。


当時のギャルは通称「ヤマンバ」と呼ばれていました。 「ヤマンバ」の意味は、山の奥に住む老婆の幽霊と言われています。それでは、「ギャル男」のファッションアイテムをご紹介します。

YamanbaYamanba

特定のギャル男ファッションアイテム
ロングまたはミディアムレングスのブラウンカラーの髪、極端にまたは通常の日焼けした肌、全体的にスリムで細い(タイトな)服、冬のシーズンには多くの黒い服、大きなサングラス、アニマルプリントまたはモノトーンの文字のグラフィックTシャツを好む、たくさん添付するアクセサリー、エンジニアブーツ、先のとがった靴など。

GaluoGaluo_2

この頃、渋谷の「ライブハウス」が減り、DJが音を出す「クラブ」が増え、世界中のDJが渋谷で活躍するようになりました。そして、渋谷に新たな「流れ」が生まれる兆しがありました。

トレンディージャパンドットネットバナー広告

Shibuya, the city of fashion and music | Online Clothing in Japan 

2000年代初頭から今日まで: 渋谷の若い世代の多くは、「ヤマンバ」や「ギャル男」のスタイルを楽しみ、世界中の音を聴い続けていました。一方、「渋谷系サウンド」の時代、それを聴いて育った世代から、新しいジャンルの音が登場しました。その名も「NEO渋谷系サウンド」で、「オリジナル渋谷系サウンド」をさらに進化させた音楽スタイルです。それに伴い、ファッションもかなりの「多様化」を生み出し、最近では1980年代や1990年代の要素を取り入れながら、ボーダレスでユニークなファッションを楽しむ人が増えています。最近、「NEO渋谷系サウンドの神様」と言われるタナカヤスタカさんがDJ兼プロデューサーとしてのスキルを発揮しています。

Perfume

※タナカヤスタカプロデュースのテクノポップアイドル「Perfume」。日本では大人気です。

最後に「渋谷のファッションはボーダレスになりました」ですが、今後も新しいトレンドを生み出す街のひとつであることは間違いありません。今後も「渋谷に集まる若者たち」を期待しながら、静かに見守っていきたいと思います。

Concl

 







ブログに戻る

コメントを残す